沢山の種類がある3dプリンター|自身にあった選び方を探そう

オフィス

印刷機を紹介します

インク

OA機器を解説します

印刷機の種類は多岐にわたっていて、様々な企業が優れた製品を販売・開発することに力を入れています。ここでは、東芝のトナーに関して記載していきます。東芝のトナーは、基本的にはリサイクルの点に特化している商品を数多く開発しています。一般的なカートリッジの中には、液状のインクが施されているケースが多くありますが、東芝の技術ではミクロサイズの粉末状のインクが詰められています。そのため、プラスッチクの粒子に対して顔料などを効果的に付着させることができるようになりました。純正のプリンターでは、インクを多く出すことを想定して設計されているので、東芝のような技術にまでは到達していません。ここで言うリサイクルトナーは、純正品と同量の新規トナーを補填することができるようになり、環境に優しく再利用できるように設計されています。カートリッジを回収してから、分解や洗浄、そして修理を効果的に行うことを大切にしているので、純正品と比較してコストを大幅にカットすることが可能となります。再利用の観点では優れた点が多くありますが、使用済みのインクカートリッジを採用しているので、不具合の発生率が高くなってしまうデメリットも考慮する必要があります。色の再現性が若干劣るのは、純正品に用いているトナーには特許があり、汎用のトナーを充填しているためです。不具合の際には、予備のトナーを準備していれば、それらのデメリットは効果的に解消することができます。